JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 東大和地区の組合員がトマトの養液栽培に力を注いでいます

東大和地区の組合員がトマトの養液栽培に力を注いでいます

東大和市の組合員、岩田智哉さんは父の高雄さんと「岩田園」を運営し、トマトの養液栽培に力を注いでいます。今年、収量の増加を目指し、温度・湿度などハウス内の環境をコンピューターシステムで制御できるハウスを新設。新しいハウスでは作業効率が向上し、栽培管理に集中できるようになりました。生育状況も良好で目標としていた着果量を実現し、年間約1万3500キロの収量が見込めるそうです。栽培しているトマトは、年間通して地元の農産物直売所「みどりっ子仲原店」や同市農産物直売所、近隣のファーマーズセンターファーマーズセンター「みのーれ立川」などに出荷されています。