JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 武蔵村山市の組合員がタケノコの栽培に力を注いでいます

武蔵村山市の組合員がタケノコの栽培に力を注いでいます

3月30日(水)、武蔵村山市の組合員、吉野忠さんの圃場におじゃまし、タケノコの収穫を見学させていただきました。吉野さんはタケノコの栽培に力を注いでおり、竹林の下草刈りや間引きの他、竹林全体に養分が行き渡るよう竹炭や肥料の散布を行うなど、年間を通して竹林管理を徹底されています。出荷するタケノコは鮮度にこだわり、早朝のうちに収穫し、厳選した良質なタケノコだけを当日、JAの直売所「みどりっ子村山店」と立川市のファーマーズセンター「みのーれ立川」に出荷されています。また、今年はファミリー向けのタケノコ収穫体験も募集されているそうです。