JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 収穫期を迎えた梨の袋外し作業を始めました

収穫期を迎えた梨の袋外し作業を始めました

7月31日(土)、国立地区の組合員、佐藤英明さんの梨園では収穫期を迎えた梨の袋外し作業がスタートしました。梨園には同市の農業をサポートする「国立市援農ボランティア事業」の参加者12人が応援に駆け付けました。袋外しの作業は果実に掛けた袋の下部をミシン目に沿って破り、果実の熟し具合を確認していく重要な作業です。梨は8月上旬から熟した果実のみを収穫し、主に贈答用として全国に発送していくそうです。