JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 芝浦工業大学の学生が「農と住が共存した街づくり」を農家に提案しました

芝浦工業大学の学生が「農と住が共存した街づくり」を農家に提案しました

3月20日(土)、芝浦工業大学の学生らが、立川市の宮沢公会堂で「農と住が共存した街づくり」と題した卒業研究発表会を開催し、同地区の組合員とJA役職員15人が参加しました。学生らは昨年から立川市でアートを通した都市農地の保全に尽力する「アートインファーム」井上洋司代表理事の協力の下、同地区の現状と課題の研究やヒアリング調査などを行ってきました。学生らは今後も継続して研究成果の発表や、意見交換を行っていきたいと考えています。