JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 製菓専門学校の卒業課題に立川の農家が協力をしました

製菓専門学校の卒業課題に立川の農家が協力をしました

6月3日(水)と17日(水)の2日間、立川市の農家、木村隼さんは母校である国際製菓専門学校から学生の農業体験の依頼を受け、近隣の「あみちゃんファーム」の網野信一さんと共に、延べ約40人の学生を受け入れました。学生たちは、地元農産物を使った製菓や製パンの商品開発を行うことを卒業課題としており、実際に農業体験をしたことで、農家の農産物に対する思いや食材の大切さを学びました。