JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 立川市の組合員が果樹栽培に情熱を注いでいます

立川市の組合員が果樹栽培に情熱を注いでいます

立川市の組合員、髙橋尚寛さんは果樹栽培に情熱を注いでいます。5年前から始めたブドウ栽培には特に力を入れ、今期は「シャインマスカット」「藤稔」「ピオーネ」「クイーンニーナ」の4品種を栽培しました。栽培当初は思うような収量が確保できず苦労しましたが、毎年試行錯誤を繰り返しながら、今では安定的な収量が見込めるようになりました。9月初旬に開催された立川市果実品評会では出品したシャインマスカットが特別賞の「立川市議会議長賞」を受賞しました。髙橋さんはブドウの他、モモ、イチジク、キウイフルーツ、カキ、ブルーベリーなどを栽培する他、来期には梨の根圏制御栽培にも取り組む予定です。