JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 職員が研修成果を報告しました

職員が研修成果を報告しました

5月28日(火)、本店でJA幹部職員育成研修会を修了した本店総務部総務経理課の内野朝永係長と東大和支店融資課の和野貴之係長の2人が、常勤、非常勤役員に研修成果を報告しました。内野係長は「農業キャリヤ教育の実践」と題し、農業後継者を段階的に育成支援するシステムを提案しました。キャリア教育によるアプローチを行うことで、未来世代の後継者との信頼関係が構築できることや、職員の意識や行動にプラス効果を生むことができると発表しました。和野係長は「相談業務を見直そう」と題し、近年の正組合員の数が減少している傾向に目を向け、JA職員と正組合員が常に相談できる専門部署の設立を提案しました。相続税試算や事業継承の相談業務に積極的に取り組むことで、JAと一緒に事業展開を行っているという安心感をもってもらうことが重要になると発表しました。