JA東京みどり 金融機関コード:5072

HOME > 広報活動 > 留学生に茶摘み体験で日本の文化を伝えました

留学生に茶摘み体験で日本の文化を伝えました

5月12日(日)東大和市の組合員、杉本貴文さんは青山学院大学の留学生の茶摘み体験を受け入れました。米国、ドイツ、スペイン、カナダ、タイ、中国など世界14カ国の留学生とサポートする同大学の職員ら合わせて41人が参加し、茶摘み体験、製茶工場見学体験、抹茶体験の3つを体験しました。杉本さんは留学生らに茶摘みの基本である「一芯二葉」や、日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語で作った資料を使って茶葉から製茶になるまでの9つの工程などを説明しました。抹茶体験では茶道裏千家小林社中の小林宗浩さんと生徒さんらが応援に駆け付け、茶の味わい方や作法なども指導しました。